アプリ 集客のメリット、デメリット

アプリ 集客とは、独自のアプリを開発し、店舗への集客や商品の購入を促すために作られたマーケティングツールの1つです。スマートフォンの爆発的な普及に伴い、多くの店舗や飲食店で導入されるようになりました。

アプリは消費者と販売者の両方にとってメリットがあります。消費者にとっては、自分のスマートフォンにお気に入りの店舗としてアイコンを残して置けること、お得なクーポンや情報を瞬時に得ることができます。販売者にとっては、人材を増やすことなく宣伝や集客ができること、利用消費者の情報の管理がしやすくなるなどのメリットがあります。費用をかけずに集客できるのは販売者の利益に大きくつながります。

その一方でアプリ 集客のデメリットもあります。多くの店舗や飲食店でアプリを利用しているため競争が激しいこと、スマートフォンの容量が決められているためダウンロードしてもらえるアプリを開発しなければならない。登録やインストールが簡単な分、アンインストールもされやすいなどが挙げられます。

アプリの普及に伴って、アプリの開発や集客のサポートをしてくれる企業が増えています。そうしたプロの力を借りることによって、より効率よく集客、利益向上につながっている店舗が増えています。